前へ
次へ

通販で服を買うデメリット

通販のデメリットとして、試着できないことがあげられます。 そうであっても、ここへ来てモデル画像をアップロードしているサイトが増加傾向にあります。生地をアップの状態でカメラに写した画像も、生地の説明も記されています。リアルに身につけたときのイメージをしやすいといえます。 現実に送られてからも、試着することにしてもセール品を除いて返却費用がかかるケースがありますが、期日内であったならば返品も可能です。 また、 検索機能の方法でチョイスしても、希望に沿った服が複数出てきて、選びきれないこともデメリットとしてあります。 とりわけ、通販を活用することによって服を購入することに慣れっこになっていなかったり、しっくりくる服が今一つ判断できなかったりすると、通販を通して購入すること自体に抵抗感がもたらされてしまうでしょう。 また、通販は、オーダーを受けてから発送となるため、手元にくるまでにタイムラグがおこります。事と次第によると送料がとられます。

Page Top